松山 パチンコ ディーボ

松山 パチンコ ディーボ

「あ、これ結構うまいよ

湿気たビスケットみたいだ

おいしい」 そのまま思ったことを言葉にだしたとき、ノアが視界に入った

 ポカンと口を開けてノアは、オレをしばらく見ていた

 それから笑顔で「いっぱい出せるから、みてて!」と何度かパンパンと床を叩いて、その魔法の食べ物を出してくれた

 同僚のみんなも、オレの感想を聞いてすぐに、拾い上げて食べだした

「バター味のクッキーって感じね」「結構美味しいっスね

こういうのをバター味っていうんすね」「お菓子のショートブレッドに……似てる」「思ったよりパサついてないな、悪くはないな」 なかなか好評のようだ

あなたも好きかも:パチンコ 仮面ライダー フルスロットル プレミア
 オレがちょうど3つ目に手を伸ばそうとしているとき「なんだか拾い食いしてるような気がしてきたから、場所うつさない?」と同僚の一人が提案してきた

 言われてみれば、しゃがみ込んで、床に落ちている物を拾って食ってるな

あなたも好きかも:ドラクエ5 スロット 77777
「ノア、どこかにテーブルあるかな? お皿とかも……」「あっち」 ノアは、オレのズボンをぐいぐい引っ張ったあと、壁に向かって歩き出した

「案内してくれるの?」「こっち」 引きずられるようについていく

相変わらずズボンを掴まれた状態なので、歩き方がぎこちなくなる

 ノアは、こちらを見ることなく目の前の石壁にズンズン進んでいき、そのまま突き抜けた

「うわっ」 オレもそのまま壁に突撃する形になって、驚いて声を上げる