ガンダム スロット 評価

ガンダム スロット 評価

 それは彼らが開発したものなのだろうか?  できるならば購入したいところだ

あのモリガンの傭兵が使っていた飛び道具を購入すると本国に打診すれば、本国はいくらでも予算を用意してくれるに違いない

 だが、モリガンの傭兵たちはその武器を決して商人たちに売ることはなかったという

奪い取ろうとすればその商人や雇った傭兵たちは必ず皆殺しにされたため、商人たちは彼らの武器を手に入れることを諦めた

 しかもそれを使っている兵士たちを仕留める事すらできなかったため、鹵獲もできていない

「いったいどんな技術を使っている…………?」 フィオナ機関を生み出したフィオナ博士ですら、その飛び道具が猛威を振るった後にやっとスチームライフルを開発したのだ

しかもスチームライフルは一発放つ度に再装填(リロード)が必要になるため、そのモリガンやテンプル騎士団が使っている兵器から見れば”不完全な兵器”である

 オルトバルカ王国を”世界の工場”へと成長させた天才技術者ですら、その兵器を生み出す事ができていない

 モリガンには、あのフィオナ博士を上回る天才技術者がいたのか? それとも、彼らの使っている兵器は”この世界の兵器ではない”のではないだろうか?『総督、失礼します』「入れ」 ドアをノックした部下にそう言ってから、本を閉じて本棚へと戻す

あなたも好きかも:スロット ブラックラグーン3 フリーズ
 おそらくテンプル騎士団に関する報告だろうな、と思いながら執務室に入ってきた部下が報告するのを待っていると、報告書らしき書類を持って入ってきた部下が、その書類を私の机の上に置いた

あなたも好きかも:ぱちんこ 抱き合わせ
「テンプル騎士団は、あの飛び道具を売るつもりはないそうです」「そうか…………」 どうやらテンプル騎士団からの”返事”のようだ

 彼らの持つ兵器や武器をこちらに売却してくれれば、商人たちに彼らとの商売を禁じる”嫌がらせ”を止めてやろうと思ったのだが、彼らもモリガンの傭兵たちのように武器を売るつもりはないらしい

あなたも好きかも:スロット ストックとは
 はっきり言うと、あいつらが持っている兵器は脅威だ

 他の報告書では、馬を使わずに自由自在に走り回る鋼鉄の馬車や、轟音を発しながら大空を飛び回る鋼鉄の飛竜も保有しているという

更に、報告書ではなくカルガニスタンの漁師から聞いた噂話だが、非常に巨大な戦艦も保有しているという

しかもその戦艦は、あのオルトバルカ王国が建造した『クイーン・シャルロット級』を上回る大きさで、甲板の上には巨大な大砲をいくつも搭載しているらしい

 本国には何度もテンプル騎士団は危険な組織だという警告を発しているが、本国の連中は信じていないらしく、逆にテンプル騎士団と協力して治安維持をするべきだと言っている

 確かに彼らの力を使えばカルガニスタンは平和になるだろう