30 パイ スロット

30 パイ スロット

「何してるのでは無いでしょう

彼女は、あなた達の」 声を張り上げようとした矢加部さんは舞地さんの眼差しを受け、気まずそうに口をつぐんで子猫を抱きかかえた

あなたも好きかも:パチスロ 跳梁
「私としたことが、失礼を

おほほ」 変な高笑いを残して去っていく矢加部さん

 舞地さんは自警局の奥から出て来た男の子に呼ばれ、そちらへと向かう

 私がここにいる理由はすでになく、ただ疑問だけが取り残される

あなたも好きかも:パチンコ 光が丘
 来客用の駐車場に止る軽自動車

 ケージに入れられた子猫と子犬はそれに乗り込み、執事の女性が舞地さんに一礼する

あなたも好きかも:スペルクラフト
「責任を持って、お届けいたします」「よろしく

・・・で、何か」「さっきの話」「あなたの行動に呆れてると言いたかっただけです

以上」 逃げるようにして車に乗り込む矢加部さん

 さっきは間違いなく「達」と言っていた

 舞地さんが何かを隠しているのは確かで、それは私達に関係のある事

 そして今の話からすると、「私達のために」と続くような気がする

「ねえって」「揺すらないで下さい

それと、どいて下さい」 後部座席から無愛想に告げてくる矢加部さん

 仕方ないので車を揺すっていた手を放し、ショウを振り返る

 この子なら、軽自動車の一つや二つ

「じゃあ、さよなら」 のんきに手を振るおぼっちゃま