カジノ ディーラー イカサマ

カジノ ディーラー イカサマ

 でも、それでいい

俺にとっては自分の命を差し出しても構わないほどの価値があるのだから

 そのために、何としても吸血鬼たちをここで打ち破る

 また手足を失うことになっても構わない

あなたも好きかも:春日井コロナ パチンコ 電話番号
天秤の鍵さえ手に入ればいいのだ

「同志、空をご覧ください」 クリスマス休戦終了まで、あと30秒

他の兵士たちが続々と安全装置(セーフティ)を解除していくのを見守っている俺に声をかけたのは、傍らに立っていた1人の兵士だった

 そういえば、そろそろフィオナが新兵器を持ってきてくれる頃だった

あなたも好きかも:ぱちんこ 彦根市
彼女の開発した新兵器に期待しながら空を見上げると―――――――雪と白い雲で真っ白に染まった大空に、いつの間にか巨大な物体が浮遊していた

 傍から見れば巨大なソーセージを鋼鉄の外殻で覆い、胴体の下部に武骨なゴンドラがぶら下がっているような形状をしている

あなたも好きかも:パチスロ トニー
全長約400mの巨体を浮遊させているのは、両側に搭載されているやたらと大きなエンジンたちだ

 エンジンの発する音を響かせながらサン・クヴァント上空に姿を現したのは―――――――船体にモリガン・カンパニーのエンブレムを描かれた、1隻の飛行船だった

 けれども、その飛行船は俺たちの住んでいた前世の世界で飛んでいたものと違うというのはすぐに分かった

搭載されているエンジンは通常のエンジンではなく、燃料の代わりに魔力を増幅させて加圧し、それを利用して駆動するフィオナ機関になっているのである

 そう、その飛行船は転生者の能力で生み出された代物ではなく、この異世界の技術で作られた”異世界初”の飛行船であった

 もちろん、それを生み出したのは我が社の天才技術者(マッドサイエンティスト)である

『こちらフィオナです

同志の皆さん、聞こえます?』「ああ、聞こえる」『では、今から攻撃を開始しますね♪ …………あれっ? もう休戦終わってましたっけ?』 5秒前に終わったばかりだ