パチスロ 押す番長2

パチスロ 押す番長2

「へぇ、人形の服か」 チッキーのお話にサムソンお兄ちゃんが感心したように頷く

「お嬢様と一緒に、お人形の服を作るでち」「そうか

それなら、俺も手伝ってやるか」「サムソンお兄ちゃんが?」 それは、私がチッキーと一緒に裁縫のお勉強をした話をした時だった

あなたも好きかも:マジェスティックプリンス スロット 天国
私の宝物、人形のチェルリーナの服を作るのだ

あなたも好きかも:パチンコ 調査
「今、魔法で服を作ろうと試行錯誤してるから、そのついでだ」 サムソンお兄ちゃんは魔法で服を作ると言っていた

 すごい

 でも、私はまずは魔法ではなく、自分の手でつくるのだ

 昔見たリーダのように、自分で袋を作ってお花の絵を縫ってみたい

 それに、たまにリーダ達の手伝いをする

 今日はそんな日だ

 お出かけしたリーダ達がすぐに戻ってきた

「今日は、大仕事だ」「小さい飛行島の場合は、皆で手分けしてバラバラにやるっスけどね」「でも、大きい飛行島だと魔法陣大きくてさ、手伝って欲しいって感じ

ノアノアお願い!」 私はお願いされたのが嬉しくて、頑張ってお手伝いする

あなたも好きかも:パチンコ バイト 辛い
「この魔法陣……真ん中の辺りが読めないんです

ノアちゃんはどう?」 カガミお姉ちゃんに分からないものが、私に分かるわけがない

「分からない……」「そうですか

もし何か気がついたら教えて欲しいと思うんです

どんな些細なことでも、お願いね」「皆で考えれば、いつかヒントくらいは見つかるかもしれないしね」 俯いて首を振る私に、カガミお姉ちゃんはいつものように、お願いと言ってくれる

 リーダも一緒に考えようと言っている