エルフ スロットルアクチュエーター

エルフ スロットルアクチュエーター

 切り妻屋根の家の隣にある白い桜の木の下で、自分はとても大切なことを決めたはずなのだ

 あのとき、あの木の下で、自分は何を誓った? 何を思って、何を夢見て、何を欲しいと言った? 何の為に強くなりたいと思っていた? 一国の『宰相』になれるなんて自分は本気にしていたか? 違う

あなたも好きかも:パチンコ キットカット
 強くなりたかったのは、宰相としてではない(・・・・・・・・・)

 ただ、姉様の弟として(・・・・・・・)強くなりたかった(・・・・・・・)

あなたも好きかも:ビッキ&ヴァンス・カジノ
 それが、たとえ暗闇の中に一人迷子だろうとも、光となって道を示してくれるはずだった答え

あなたも好きかも:映画 パチンコ
本当の『自分』

「……は、ははっ

……ははははは」 自分は笑った

 ようやく答えに至った清々しさもあったが、ほとんどが自分の情けなさに対する失笑だ

 涙を流し、眉をひそめ、腹の底から笑う自分を見て、ルージュは少し心配げに名前を呼ぶ

「せ、先生……?」 その声のおかげで、自分は笑っている場合ではないことに気づく

 大切なことを教えてくれたルージュに自分は感謝しながら、先ほどまではぴくりとも動かなかった身体に力を入れる

 筋肉と神経が潰され切断され、上手く動いてくれないが、それでも強引に身体を起こそうとする

 その意思を感じ取ったルージュは、握った手で自分を引き上げようとしてくれる