まどまぎ2 スロット

まどまぎ2 スロット

(だが、少しばかり時間を使い過ぎてもいる)グロリオーサ率いる決起軍に、"アングレカム・パドリック"という若い知恵者がいるのはピーンも把握していた

これまでの活躍や軍略を"眺めて"きて、アングレカムの策は良いものだと賢者であるピーンにも思えるものが数多くあった

(だが、アングレカムの策では"グロリオーサ・サンフラワー""アングレカム・パドリック""神父バロータ""トレニア・ブバルディア"其々の才を活(い)かしきれていない)アングレカムという人物は、グロリオーサが言うことには自分の事を"悪魔"と呼ばせているらしいが、それは"逆"だとピーンは考えていた

その逆の所以(ゆえん)である"優しさ"が、レジスタンス・決起軍のそれぞれの才能を活かしきれない原因であると、賢者は結論を出していた

そしてアングレカムの才能は、"戦に向ける策謀"向けではなく、国が再び落ち着いた際に発揮すべき"内政向きの才能"だとピーンは感じていた

あなたも好きかも:白石市 サンキュー パチンコ
("内政向き"の才能の割には上手くやっているのは認める部分ではあるが

やはり、戦において"駒"と見た方が潤滑に進む事を"人"として見るから、続け様に起こした方がいい物事の流れに間断が生まれて、"無駄な時間"が使われてしまっている)その"無駄な時間"の中にはきっと、"国を良くしよう"と無償の気持ちで動いている若人達の時間が使われている

あなたも好きかも:バイオ ハザード パチンコ 最高 出玉
本来なら青春を謳歌すべき若者が、時代の流れに大切な"時間"を奪われている

あなたも好きかも:仄暗い水の底から パチンコ 評価
青春時代に素晴らしい時間を"自由な時間"を経験させて貰ったピーンとしては、自分が大人になった途端、時代が傾き若人に、自分達が楽しんだ時に出来ただろう時代の"歪み"の尻拭いをさせるような真似をさせているのが、何気に責任感の強いピーン・ビネガーには心苦しい所もあった

時代に産まれた歪みの"片鱗"に気がつきながらも、"1人では何もできない"と言い訳をして動き出せずにいた、自分を何処かでいつも恥じてもいた

『ピーンは俺が、"鬼神のグロリオーサ"だの、暗愚の息子な"グロリオーサ・サンフラワー"だの、諸々を知っていていっているんだよな?

そしてお前は今の国王が…俺の父親で、その父親をの国の実権を簒奪(さんだつ)しようとする、レジスタンスの決起軍として活動している事も、知っていてそう言っているんだよな?』グロリオーサが懸命に考えながら、"簒奪"という中々難しい言葉を使った事に、ピーンはアングレカムという彼の親友が、それなりに自分達のリーダーとなる男に、"教育"を行っていたのを感じ取れた

豪胆でカリスマ性も十分ではきっと頭は悪くはないであろうグロリオーサだが、勉学と表現するものには、余り明るくなさそうな雰囲気を身に付けている