スロット 千円

スロット 千円

 兎にも角にも、その武器の特徴を教えてもらった

「えーと、農作業で使う鎌があるだろう? それの持ち手に長い鎖が付いてて」「……む?」「鎖の先端には重りみたいな鉄の塊が付いてるんだってさ

あなたも好きかも:ドラクエ スロット オート
大きさはこれくらい」 そう言って、商人は親指と人差し指でその鉄の大きさを示してくれた

 三寸ほどの大きさだ

 鎖はもっと長く、二間程はあるのではないだろうか

「……」「まぁそんなところかな? お役に立てたかい?」「十分だ

あなたも好きかも:ザ・グレート・アルビニ
礼を言う」「っつても、これの話はマークディナ王国でも話題になってるし、お金取る程じゃないなぁ~」「取るつもりだったのか?」「商売ってそういうものだよお兄さん」 そう言って、商人は笑って軽くおどけた

 そういえば前にもそんなことがあったなと思い出しながら、気を付けようと言ってその場を離れる

 馬車に戻って座り、顎に手を添えて考える

 見つけた、というよりやはりか、と言った感じだ

あなたも好きかも:メガマックス パチスロ
 殺人鬼の使っている武器は鎖鎌……

 日ノ本で農民が武器として考案したものだ

 この世界にない武器ということであれば、今回の殺人鬼は……木幕が狙う標的である

 今回は無駄なことを考えずに楽に戦えそうだ

 ……だがその鎖鎌でどうしてあの兵士をあそこまで細切れにすることができるのだろうか? やはり奇術か何かの類、と考えるのが妥当だろう