カジノ 室内

カジノ 室内

すぐに涙を乾かしてシャキッと背筋を伸ばす、そんな華音に笑いつつ、こんな風に“脅し”て強がらてしまうことを内心申し訳なく思った

 いつも誤魔化して、誤魔化して、“悲しい気配”から逃げようとする、そんな自分を情けなく思った――

 二人で店内を物色しながら、おやつを次々にかごに入れてレジへ向かう

一平が支払いを済ませている間に、華音はスピーカーから流れて来る音楽に合わせて鼻歌を歌いながら本を読んでいたが、「あれ? 安藤さん?」 背後からの声に顔を上げて振り返ると、斜め後ろから笑顔で覗き込む糸原が……

「こんなトコで何してるの?」 華音は目を見開き「はぅっ」と息を詰まらせて硬直するが、彼の持つカゴの中、大量のアイスを視界で捉えてそれを見下ろし、キョトンとした

あなたも好きかも:セイント セイヤ パチスロ 新台
「……、センセこそ何それ」「買い出しだよ

みんなが欲しいって言うから」 苦笑気味にかごを軽く持ち上げる糸原に、華音は呆れて目を細める

「部員の子たちぃ?」「そう」「……センセ、そぉやって甘やかすからバカにされるんだよぉ」「はは……

つい断れなくて」「ダメだってばぁ

ちゃんと断らなくちゃぁ」 本を置いて腰に手を置き、説教染みた態度で見上げる華音に、糸原は情けなく笑った

あなたも好きかも:ガンダム 振り分け パチンコ
「けど、みんなで買い出しに来るわけにもいかないだろ? 誰かに頼んで、こんな重いものを持たせるわけにもいかないし

雨降ってるから余計危ないしさ」 かごの中身を見下ろしながら苦笑する糸原に、華音は「うーむ……」と心の中で悩む

あなたも好きかも:パチンコ gantz 保留
 ……やっぱり悪い人じゃないんだけどなぁ……

「どないしてん?」 袋を抱えた一平が近寄って来て、振り返る糸原を見るなり首を傾げた

華音は「あ、ああ……」と、少し困惑げな笑みで糸原に手を向ける

「糸原センセ、……だよ」 一平は少し眉を動かしたが、糸原はにっこりと笑い掛けた

「キミも奉仕屋?」「はぁ……まぁ」「さっきも奉仕屋の子が来てくれたよ」 言いながら華音に目を戻す

「心配してくれてありがとう