スロット ラブ嬢2 設定判別

スロット ラブ嬢2 設定判別

商取引の元締めをしているだけあって、他領の名前や影響力にも詳しいのかもしれない

 ギルド長と違って、ベンノやオットーはクラッセンブルクの名前よりも、別のところに引っ掛かりを感じたようだ

「ローゼマイン様、これから他の領地が出てくるというのは、どういうことでしょう?」「貴族院の社交シーズンは皆が講義を終える後半なのですけれど、わたくしは奉納式のために急いで講義を終え、こちらへ戻ってきました

ですから、まだ先生方とクラッセンブルクの領主候補生と第二王子としかお茶会をしたことがないので、わたくしが不在の貴族院がどのようになるのかわからないのです」「……ローゼマイン様、今、先生方と大領地と王族としかお茶会をしていないとおっしゃいましたか? では、今回の髪飾りの依頼主は……」 顔から色をなくして、オットー達へと視線を向けたのはギルド長だった

あなたも好きかも:沖縄3 パチンコ
長いことギルド長として貴族と付き合ってきた分、察しが良いようだ

「えぇ、ギルベルタ商会にはクラッセンブルクの領主候補生の成人祝いに第二王子が贈る髪飾りを作っていただきたいのです」「……なんと無茶な……」 ギルド長やその従者から同情の視線がオットーに向けられる

だが、オットーの表情はあまり変わらなかった

「では、身に付けられる方の髪の色や衣装の色をお伺いしても良いですか? テオ、控えてくれ」「かしこまりました」 わたしはオットーにエグランティーヌの説明をすると、オットーの背後に控えるテオがそれを書きとめていく

あなたも好きかも:平井堅 ブラックジャック
「光の女神様のような方で、髪の色はルッツが一番近いです

リンシャンで艶を出せば、更に似た色になるでしょう

衣装は土の女神 ゲドゥルリーヒの赤だそうです」 赤いコラレーリエの花以外に添えたい色があるかどうか、大きさはどのくらいにするか、料金をどうするのかなどを話し合って決めていく

「……オットー、わかっているのか? 王族への献上品だぞ」 眉をひそめるギルド長に、オットーは軽く肩を竦めた

あなたも好きかも:麻雀格闘倶楽部 スロット やめ時
「わかっていますが、それほど慌てるようなことですか? 王族がローゼマイン様の付けている髪飾りを気に入ってくださったのです

他領では作れない現在、今ギルベルタ商会にとって最高の物を作れば、それ以上は存在しません

それに……」 オットーはわたしが今髪に挿している髪飾りへと視線を映した