テーブルゲーム 海外

テーブルゲーム 海外

へへっ、そうやね

あなたも好きかも:パチンコ ライター はるちゃん
役者じゃなくて、裏方の衣装係ならいいかな? あっ、お姫様役なら構わんでー

先に言っとくけど、悪役とか『吸血種』役だけは絶対嫌やからね」「それは惜しい

普段の君ならともかく、いまの君は大変似合う気がするのだが」「似合うから、やりたくないんよね

……似合うって言葉は、『生まれ持った違い』や『呪い』みたいで、あては嫌い

嫌いだったんよ」 友人同士のような雑談の末に、僕たちは否定し合い終える

 口調は軽いが、確かな決裂が生まれた瞬間だった

 そして、すぐにクウネルは、次を語り出す

あなたも好きかも:祖師ヶ谷大蔵 パチンコ イベント
いま否定した悪役や『吸血種』らしく、冷酷さと孤高さを感じさせながら――「フェーデルト、あなたのご指摘通りですよ

あなたも好きかも:片浜 パチンコ
この『終譚祭』で会長の余裕がなくなるので、目を盗んでフーズヤーズの力を削ぐチャンスだと思っていました

正解です」 ただ、呼びかけた名には背を向けたままだった

 独白で堂々とカナミを軽んじ、フーズヤーズへの敵対を認め、僕に向かって歩き出す

 空気が変わった

 まるで倉庫裏の空気を、真っ赤な血で染めたような鉄臭さと生臭さを感じる

 原因がクウネルの魔力であると、高レベルの魔法使いである僕とペルシオナの二人は分かった

 明らかに、お気楽でひ弱と噂される姫が持っていていい魔力ではない