暇つぶし ぱちんこ

暇つぶし ぱちんこ

もうあの事件で終わったんじゃなかったの?」「……終わってない

……何も終わってない……」 首を振る優樹に、石田は心痛な面持ちで、それでも真剣に彼女の肩に手を置き掴んだ

「優樹ちゃん、気持ちはわからないでもないよ

けど、キミの出る幕じゃないんだ」「……終わってない……」「わかってるはずだ

このままじゃ」「誰も何もしないじゃない……!!」 責めるような大声が通路に響き、石田は悲しげに目を見開くと、ゆっくり視線を落とした

あなたも好きかも:パチスロ 百花繚乱サムライガールズ
「……誰も、何もしてくれないじゃないっ……」 そのまま息を詰まらせて泣き出す優樹に石田はためらったが、それでも、少しきつめに、真剣な声で言った

「……とにかく、奉仕屋が原因だって言うンなら、それはすぐにやめるんだ」「……」「わかってるだろ? ……僕はキミの言うことを信じる

あなたも好きかも:パチスロ バイオハザード シェバ
……けど、信じるってことは、これ以上の犠牲者が出るコトも予想出来るってコトじゃないか」「……」「いいかい? 出来るだけ僕も力になる

尾田靖史が関連しているのなら、再調査をしてみる

あなたも好きかも:クイーン・オブ・ゴールド™
……だから、キミたちはもう活動を辞めるんだ

そうじゃなきゃ……翔太君の二の舞になってしまうよ

それじゃ遅過ぎるだろ?」「……うっ……っ」 優樹は震え、声を詰まらせた

ポタポタと零れ落ちる涙がスカートに染みていく、その様子を見て石田は悲しげに目を細めたが、優樹の小さな背中に腕を回すと、そっと引き寄せ、優しく抱きしめた

「……悔しいのはわかるけど……、……今生きている人の方が大事なんだよ……」「大島さんっ!」「……」 翌日――

 途中、待ち合わせをしていた生美と立花、そして白川と一緒に学園に来ると、待ち伏せていた美代子が慌てた様子で駆け寄って来た

四人は門前で立ち止まり、困惑げな彼女に首を傾げた