ぱちんこ akb48 桜 light ver セグ

ぱちんこ akb48 桜 light ver セグ

一生来ないわよ、ふざけんじゃないわ」 ふふ、いくらでも言うがいいさ

ごめん、あんまり言って欲しくない、耐えられそうに無い

でも……でも、絶対反抗期には終わりが来る、またお兄ちゃんと呼んでくれる優しいミラが帰って来るんだ

あなたも好きかも:スロット 蒼天 の 拳
その頃にはきっと大人になって、立派になって、彼氏も作っ…………い、嫌だ! 認めないぞ!「……ふーん

バンスさんから聞いてたけど、本当にポストロイドから逃げ回れてるの? ただの子供にしか見えないけど……」「誰が子供よ! アンタだって大して歳変わんないでしょうが!」 ヒルさんの訝しげな目と言ってはならない言葉に、ミラはいつも通りむきーと腹を立てて地団駄を踏んだ

あなたも好きかも:スロット 岡山 鬼ヶ島
貴女、どうにも歳が近い相手には強気というか、子供扱い絶対許さないよね

でも……周りは誰も、お前が十七歳だなんて信じられないからな

僕だってまだちょっと信じてない

出自も、レヴとしての経歴も、そして十七年の思い出も全て聞かされているが……だからってこの子供っぽさはどうやっても覆せないのだ

「今晩はアルコもキックもミゲーラもいなくてな、せっかくの飯も寂しくなっちまいそうだ

だから、ふたりには今日の冒険をたっぷり語って貰おうか」「それはいいですけど……その、どうにもそれどころじゃなさそうな空気に……」 それどころじゃない空気、とは

それはすっかり怒ってしまったミラが発する威嚇の声と、それを見て挑発する様に……様にじゃないね、挑発だね

落ち着いて落ち着いて、よーしよし

などと不敵な笑みを浮かべるヒルさんのあやし(・・・)だった

早速犬猿の仲というか……ミラって人懐っこい割に相性悪い相手とはとことん合わないよな