韓国 オンラインゲーム 死亡

韓国 オンラインゲーム 死亡

 かといって今さら言葉を撤回するわけにもいかず、田宮は今日何度目かになるため息を、足元に落とした

女が遊びに行きたい、と言い出した時に、じゃあここはどうだろうと提案しつつも誘導するのは男の役目ではあるが、その本質は結局のところ、女を主体にして任せてしまうと、男の手に余ってしまうから、先手を打つのだと、鷹丘少止(たかおかあゆむ)は考えている

 何が厄介かというと、いつ言いだすのかがわからない、ということだ

事前に安全な場所を確保していたところで、都合の良い場所が、今この時になって都合が良いかどうかはわからないわけで、準備をしておくのは当然のことだが、それが効果的であるかどうかは別の問題だ

あなたも好きかも:月光蝶 ブラックジャック
 だから、こちらの都合に合わせるよう行動してしまう

適当な会話で行先を示唆しつつも、ベストではなくベターに見せかけて納得させ、自分の領域に引っ張り込めばいい

 実際に雨音火丁(あまねあかり)、つまり少止の妹は、そんな話術に関してはそう敏感ではないため、少止にとってはまだ安心できる範囲だ

あなたも好きかも:吉田町 パチンコ店
誤魔化すのは得意だし、会話を掴んでしまえば、あたかも火丁が選択したかのように見せかけるのも、今のところ容易い

 そんなこんなで訪れたのは久我山の旅館であり、気分転換も兼ねて一泊することになったのだが、女将に挨拶をした時に、少止はかなり久しぶりに訪れたことに気付いた

「五年……くらいか?」「ん、なんか言うたけ?」「いや、随分と久しいなと思っただけだ、気にするな

なるほど、私の活動が活発になったのも、最近のことだったか

あなたも好きかも:アイドリング ぱちんこ
忘れてくれ」「ええねんけど、部屋は葵じゃけん、一緒に使うんで、ええじゃろ」「そのつもりで連絡した」「ん、じゃあ案内はいらんなあ

ゆっくり休んでくといいがー」 相変わらず適当だなと思いながらも、ぐるりと玄関を見渡してから、ぽんと火丁の頭に手を置いた

「なに?」「火丁は慣れているんだろう、私は気を回さないから好きにしろ

外出する時にだけ連絡をしてくれればいい」「それはいいけど、兄さんは?」「私も久しぶりにのんびりさせてもらう

ちょいと、最近は鈴ノ宮の仕事でごたごたしていたからな」「ああー、なんか、国外に行ってたんだっけ? 詰所から何人かいなくなってた」「……まあな」 本当はそういう部分も隠ぺいしておきたいのだが、火丁が鈴ノ宮で暮らしている以上、隠し通せるものではない

だったら、少止が介入しないでおくのが、いろいろな意味でベストだ

その判断に間違いはないが、少止としては、火丁にはできるだけ関わって欲しくないと思う