ンディアン・カジノ

ンディアン・カジノ

黒い傘はぐんぐんと高度を上げてゆき、やがて空のとても高い位置でぱあっと光った

「わ、昇華します!」それはまるで、綺麗な打ち上げ花火のよう

鮮やかに大きく広がった光の粒子に、人々からも大きな歓声が上がる

その光の雨を浴びて、僅かに他の傘達も一斉に光り始めた

(すごい、まるで浄化の雨みたい)光る雨を浴びて、巧妙に物陰に隠れていた傘達も顔を出すと昇華してゆく

「最後はこんな感じに連鎖的に昇華されるのですね」「いや、今年は例外的に影響されたようだ

あなたも好きかも:モバイル カジノ
例年は、残りたいと駄々を捏ねる傘の説得が大変なのだがな……」「そういうものなのですか!」「昇華する傘の光の粒子は、満たされた喜びを示す魔術の軌跡だと聞いている

その大きなものに触れたので、他の傘も心が動いたのだろう」そう教えてくれたエーダリアが、ちらりとネアを背後から拘束した魔物の方を見る

あなたも好きかも:戦国恋姫 パチンコ ラッキーエアー
「…………ディノ?」押し黙った魔物にネアも恐る恐る振り返れば、ディノはじっとりとした目をこちらに向けていた

「ええと、………ディノ?どうしました?」ネアはてっきり、傘を爆発させてはいけないと叱られるのだと思っていた

しかしすぐに、魔物の怒りは違う方向に向いていたことが判明する

「ネア、さっき君が口付けたのは、傘の顔だからね」「傘の…………顔?」「だから、上は駄目だと言っただろう?」「傘の顔?………ごめんなさい、傘は全体的に傘なだけだと思っていました」「足先や他の部位も勿論だけど、唇は駄目だ」「…………足先

……………唇??」途方に暮れて周囲を見回したネアだが、ヒルドとその肩に乗った銀狐もじっとりとした目をしている

これはどうやら味方がいない戦いになる気配がする

慌ててエーダリアの方に視線を戻したが、さっと顔を背けられてしまった

(くっ、逃げられた!)その後ネアは、みっちりと気軽に浮気してはならないと叱られてしまった