ガロ パチスロ 新台

ガロ パチスロ 新台

冷静に状況を見極めたベルが歩き、風華の襟首を掴んで桔梗だった物体へと強引に近づけた

あなたも好きかも:あたりや パチンコ 池袋
「できるならばやれと、お前が言った」 呆然としたまま、風華はそれを見ている

まだ、現実を受け入れていない

「お前が言ったからスノウはやった

こうなることがわかっていたから、やらなかったのに――お前が最後の撃鉄を落とした」 言葉が聞こえていない

だから、ベルは耳元に口を近づけて強く言う

 言ってやった

 現実を

 そして真実を――記録に刻まれた、できごとを

あなたも好きかも:栗野 パチンコ
「お前が殺した」「――!」 声にならない悲鳴と同時に、桔梗の躰に張り付いた風華の周囲には無数の風刃が発生した

「……凪ノ宮の魔術師、その特性か」 暴走なのだろう、とベルは再び戻り紫電の術式で風の刃を防ぐ

ここで雪芽に傷を負わせないのがベルの仕事の一つだ

「咲真、お前もこっちにこい」「――否だ

抜けベル、そして斬れ

ただし殺すな」 そうだなと言いながら腰のナイフを引き抜いたベルは、その大振りナイフの刀身に刻まれた刻印を指でなぞり、一振りしてから鞘へと戻す

たったそれだけの行為で術式を切断し消去、更には術者の魔力もごっそりと斬ってしまった