アシュテ 頭装備 スロット

アシュテ 頭装備 スロット

邪悪っぽい使徒はさっき倒したし そのレッドソーサリーが話せるなら話してみて、悪いやつじゃなければ 別に倒さなくてもいいだろ」「そうやな

使徒とは言え、話の通じんのから こっちの仲間になるようなのまで様々やしなあ」リィナが真面目な顔で「そもそも使徒って何なんですか……」と訊いて来て、タガグロが「うちらも分からんのよ

形も目的も違いすぎるし 悪いのから良いのまでおるから、何で一まとめに されとるのかすらも分かっとらんでなぁ……」微妙に誤魔化す

虚無の王の使徒だというのは知っているはずだ

あなたも好きかも:京都 パチンコ バイト
ただ目的や出自が使徒ごとに違いすぎるのは、確かに俺たちには理解できない所ではある

リィナはちょっと考えて「使徒と言うからには、元締めと言うか 使徒達を使役している者がいるんじゃないですか?」と鋭いことを言ってくる

あなたも好きかも:大和郡山 パチンコ アッシュ
タガグロは首をかしげて「んー……分からんなぁ」と、とぼける

その元締めである虚無の王のことは、リィナにはまだ黙っておきたいらしい

俺は黙って聞いている

リィナはさらに「例えば私達が使徒だとするなら、元締めはタカユキ様ですよね? そういう関係が使徒たちにもあるんじゃないですか?」とさらに突っ込んだことを言ってきた

「じゃあ、うちたちが将来使徒になるんかなぁ

 ……さすがにありえんやろ」タガグロは話を横にずらしつつ、笑い飛ばし、「いえ、そういう意味ではなく……」と言ってきたリィナを手で制して会話を終わらせつつ立ち上がって、見えてきた向こう岸の港と河原を指差し「お、もう着きそうやで

さすがクジラ族

あなたも好きかも:東林間 駅前 パチンコ
早いなぁ」と嬉しそうに言う

船が活発に行き来している港を横に避けて、浅瀬に止まった巨大クジラの背中から、タガグロとリィナを両脇に抱えて、石ころの転がっている広い河原に飛ぶ

「イテッ」なんとか着地には成功したが、気を抜いていて重心を右に傾けすぎていたようで河原の石に滑って、盛大に右足首が変な方向に曲がっている