最上型 スロット

最上型 スロット

ダームエルとアンゲリカが踏み分けて作ってくれた道を通って、わたしは転ばないように慎重に側仕え達のところへ歩いて行く

今回は転ばずに神殿に入ることができた

 ……わたしの筋力、少し戻っているかもしれない

 ただ、他の人に比べると時間がかかるので、外套は雪まみれになってしまった

神殿に入ってすぐのところでモニカが外套を脱がせて、雪を丁寧に払ってくれる

パラパラと足元に雪が落ちていくのを俯いて見ていると、ザームが辺りを見回して首を傾げた

「ローゼマイン様、神官長はご一緒ではないのですか?」「えぇ

神官長は社交に忙しいですから、奉納式まで貴族街にいると思います

あなたも好きかも:スロット 天元突破グレンラガン極
わたくしはアウブのご命令で聖典を調べるために戻ってきたのです」「聖典を調べるのですか?」 不思議そうに目を瞬くフランに、わたしはハルデンツェルの奇跡について話をした

「祈念式で春を呼ぶことができたので、他のギーベもハルデンツェルの儀式を真似たいのですって

そのためにも聖典をよく調べてほしいそうです

あなたも好きかも:パチンコ 3000円勝ち
青色巫女時代に図書室の聖典は読み比べていましたし、神殿長になった時に神殿長の聖典を読みましたから、違いを探したり、もう一度読み直すだけなのですけれど、期限が奉納式までなので、あまり時間がないのです」「確かに時間があまりございませんね」 フランが納得したように頷き、わたしは神殿長室に入ると、ニコラが淹れてくれたお茶を飲みながら、神殿の報告に耳を傾ける

ギルによると、プランタン商会に新しいダルアが入ったせいで、しばらくは店に立ち入らないように、と言われているらしい

ルッツからの連絡が来るまで待て、と言われたそうだ

「プランタン商会はこちらの情報をなるべく知られたくないと言っていました」「一体どんなダルアが入ったというのでしょうね?」 ギルド長の孫であるダミアンが印刷にガッツリと関わっているのに、それ以上に警戒しなければならないようなダルアは思い浮かばない

「クラッセンブルクの商人の娘だそうです」「え?」 ……クラッセンブルクの商人? え? なんでそんなダルアを入れたの、ベンノさん!?「のっぴきならない事情があったそうです

詳しくはルッツも知らないと言っていました」「そう

何事もなければいいけれど……」 報告を聞きながらお茶を飲み終わったわたしは、フランに聖典の準備をしてもらった

魔石で守られた豪奢な聖典が祭壇から執務机へと運ばれる