月曜 ぱちんこ

月曜 ぱちんこ

カザネ様には気付かれてしまったようだしな」「は? えっ!?」 レイゲルの視線の先にアンソルが目を向けると、そこには腕を組んでムスッとした顔の風音が立っていた

「いつの間に!?」 軍人風が驚きの顔で風音を見る

あなたも好きかも:鹿児島 爆サイ パチンコ店
「お前が中に入ったときに一緒にだ」「よく気付いたね?」 風音が仏頂面でレイゲルに尋ねる

「これでも王宮を護る騎士の長です

その手の類のまやかしを見破る目を持っておりますので」 そういうレイゲルの目が若干薄く光る

あなたも好きかも:パチンコ あたり 台
それは幻術の類などを見破る魔眼の一種だった

「インビジブルでしたか

その能力は確かに強力ではありますが、見破る術がある人間には容易く気付かれます

ご自身のお力をあまり過信されませぬように」「うん、あんがと

気を付ける」 そのアドバイスには風音も素直に礼を言う

「けど、それはそれ

これはこれ

レイゲルさんがなんのためにここにいるのかを教えてもらいたいんだけど」「それは……」 アンソルが言葉を濁すがレイゲルは観念したように「分かりました」と答える

よろしいのですか?」「下手に不審がられて騒ぎを大きくする方が拙かろうよ」 レイゲルはアンソルにそう言って風音に向き合う

「実は国王陛下の元にある不審な情報が入ってきましてな」「不審な情報?」 風音の問いにレイゲルが頷く

「なんでも王の后候補に他国の余計な虫がついたのではないかということでして」「后候補も余計な虫もいないけどね」 アウディーンが風音を好いているというのは風音も知っている

が、求婚など冗談の類だろうと考えていた

しかし、そうではないのかもしれないことに風音も今ここで気が付いた