岡山 ばくさい パチンコ

岡山 ばくさい パチンコ

……ちょっと今、ややこしいことになってたんだよ」「ややこしい?」 白川は首を傾げて繰り返すと、「……おっ!」と目を見開いた

「なんか事件か!? おーっ! オレも手伝うぞー!」 やる気満々の笑顔で、白川はグイッと袖を捲り上げる

「学園長にIDカードもらったからな! いつでも校内出入り出来るし! あっ、でも、授業は受けないぞーっ、へっへーん!」 自由でいいだろーっ? と言わんばかりの白川に生美は苦笑した

あなたも好きかも:パチンコ 月収
「そうね

それならそれで、あんたには今までのお礼ってことで、たんまり溜まってる依頼を片付けてもらうから」「……、ウゲッ!! うそ!!」「また一緒に部活が出来て嬉しいわ」 意地悪くにっこりと笑う生美に白川はムスッと頬をふくらましたが、消してあるパソコンに気付いて首を傾げ、そこに近寄った

あなたも好きかも:パチンコ 牙狼 金色になれ 保留
「なんだ? 壊れたのか?」 勝手に電源を入れてしまった白川に、「うおぉい!!」と、近場にいた大介が慌てて手を伸ばす

あなたも好きかも:都城 パチンコ 閉店
「付けるな!! 消せぇ!!」 止めようとしたが、その時には白川の手はマウスを動かし、ダーッと流れ出た依頼の件名に顔をしかめていた

「……なんだこれ?」 ――ああ、やってしまった

と言わんばかりの重たい空気が再び広がり、優樹以外のみんなはがっくりと項垂れる

 白川は怪訝に眉を寄せてメールの中身を確認すると、また別のメールも確認し、更に別のメールを確認して首を傾げ、目を見合わせることなく顔を背けているみんなを見回して優樹に目を向けた

――彼女はじっとテーブルを見つめている

「……うーんと、つまり……

……、流は知ってンのか?」「……一応な」 立花はそう答えてため息を吐くと、彼らが今、置かれている現状を話聞かせた

 依頼メールをのんびりと確認しながらそれを聞き終わった白川は「ふうん……」と目線を上に向けたが、「なあなあっ」と席に戻り、立花に身を乗り出した

「その画像! 見せて!!」 興味津々な笑顔を見せる白川に、「ちょっとぉーっ」と、対面席から華音が目を据わらせた

「白川クンーっ?」「なんだよー! みんな見てンだろー! いいじゃんかよー!」 ふてくされて口を尖らせる白川に立花はため息を吐きつつ、携帯電話を取りだして「ほら」とそれを見せた

「……うっわ!! すっげ!!」 目を見開いて興奮気味に見つめる姿に、洋一は目を据わらせてテーブルに肘をついた

「おまえも変わらないねえ、その反応の仕方」「うわー! 誰だろうなコレ! 誰なんだろうなあー! 元画像の女子!」 白川は愉快げに体を揺らして携帯電話を立花に返すと、「ハハッ」と鼻で笑い飛ばした