パチスロ 重さ

パチスロ 重さ

アバードで知り合い、実力者であることからセツナが配下に加えたということは知っているし、なんだかんだで意気投合しているようなところもわかっているのだが、レムにとっては謎の多い人物といってもいい

剛剣の使い手で痛烈な皮肉屋、ということくらいだろうか

そんな皮肉屋の彼がセツナに心服しているのが不思議であるとともに、嬉しくもあった

 シーラたちにセツナの無事を伝えたのは、シーラの口からレオンガンド以下、セツナのことを心配しているであろう人々に伝わることを期待してのことだった

レムから直接レオンガンドに伝えても良かったのだが、レムは一刻も早くセツナの無事な姿を確認したかった

あなたも好きかも:パチンコ ボタン 押さない
「照合したところ、使者の森と呼ばれる一帯です」「使者の森?」「王都の南、カランのさらに南に横たわる小さな森ですね」「ふむ……ニーウェのやつ、そこでセツナと決闘するためにあのような真似をしたのじゃな」「はい

そして、おそらく、だれの邪魔も入らないようにするために、今日のこの日を選んだのでしょう」「なるほどな

あなたも好きかも:難波 楽園 パチンコ
レオンガンドを人質に取られれば、いくらミリュウでも動くに動けぬ」「わたくしたちも封殺されました」《獅子の尾》の武装召喚師たちは無論のこと、他の親衛隊も、セツナ軍の部隊も、動けなかった

 レムとラグナも、そしてウルクさえも動かなかった

自分が動けば周囲に被害が及ぶということを理解しており、そうならばセツナがどう想うのかを察知していたのかもしれない

やはり、彼女には感情や心の機微を察するなにかがあるのではないか

 前を歩いていたウルクが突然立ち止まり、こちらを振り向いてきた

あなたも好きかも:化身 ブラックジャック
王立召喚師学園の正門前だ