ワイルド・ウォーカー

ワイルド・ウォーカー

愛しているから、あなたに一人前の貴族になってほしいのよ』 愛とはそういうものなのだろうな、と彼は思った

もとよりその言葉の持つ意味などよく分からない

彼が実感する「愛」には、常に痛みがつきものだった

 ただ、自分に向けられる「愛」が歪んだものであるという事実には、薄々気付いていた

ある程度の準備が整うと彼は人前に出されるようになったが、その時の母親のふるまいは、普段と全く異なっていた

愛おしそうに彼を抱き寄せ、金色の髪に口づけした

 おそらく、愛は舞踏会の時にしか姿を見せないのだろうな、と思った

『あなたを愛しているわ

だから、誰よりも強い人でいてほしいの』 母の愛は、剣の修練においてもっとも苛烈に発揮された

元々継火手であった母は、剣をはじめとしてあらゆる武術に精通していたし、力も強かった

あなたも好きかも:パチンコ ハルル 経営者
 武術の修行である以上、痣が出来ても何の問題も無い

あなたも好きかも:パチンコ 赤 保留
むしろ熱心に取り組んでいる証拠として扱われた

修練は奥まった部屋で隠れるように行われ、その中で、彼は何度も叩きのめされた

 顔を打たれることは決してなかった

それ以外の場所は、どこもかしこも、毎日くまなく痛めつけられた