ハイスクールオブザデッド スロット 中段チェリー

ハイスクールオブザデッド スロット 中段チェリー

「……なに?」と問う視線に、一平は胸の前で腕を組んで目を据わらせつつ肩の力を抜いた

「ぶっちゃけるとなぁ、暇やったとか嘘や

元から会うつもりでここに来てん」 軽く顎をしゃくられ、優樹は怪訝に眉を寄せた

あなたも好きかも:地獄 少女 スロット 天井 恩恵
「……なにそれ……?」「おまえがおかしかったからやン」 再び自分に向けて顎をしゃくられた優樹は「……え?」とまだ涙の乾かない目を少し見開いた

――特に思い当たる節はないのだが

 しかし、一平は鼻から深く息を吐いて続けた

「クリスマスパーティせぇへン言うたとき、おかしい思た

あなたも好きかも:オンライン casino スマホ
みんなそうやったはずや

ただ、そこを突っ込んだるのもなあ、思うて誰もなんも言われへんかってん」「……

あなたも好きかも:tps アクション オンラインゲーム
おかしいって……なにが?」「気ぃ遣ぉたンちゃう? いろいろ」 軽く方眉を上げて心の奥底を覗き込むように問われ、優樹は表情を消して視線をゆっくりと落とした

核心を突いた、と、それで察した一平は大きくため息を吐き、真顔だが、今までとは違う穏やかさを交えて続けた

「なんかあったんちゃうかぁて、みんな、ホンマは心配しとってんぞ? 大体なおまえ、嫌いなはずの社交界のこんなパーティーに二日連続して出席するぅて、おかしぃやん

おまえらしぃないしやな

なんか隠しとるぞぉいうてみんなで探り入れとったら、なんや、矢野が自分のせいかもしれん言い出しおって

それでや

おまえ、気ぃ遣ぉてオレらと遊ぶのやめおったなぁてわかって

せやけど、もう今更集まろうやぁ言うても、おまえもおっちゃんのパーティー出るぅ言うてしもうてるやろうし、予定変えられへんやろうから