パチスロ 期待の新台

パチスロ 期待の新台

 ドラゴンの指示より、既に準備を終えている東の部隊と西の部隊はそこから迅速に移動し、向かって来る兵士達に向けて待機していた

『……いよいよかな……! 少し緊張するかも……!』『うん、そうだねジルニトラさん……! 魔法の神である黒龍の力……期待しているよ』『アハハ、青竜ちゃん

貴女にも期待して居るから……!』 ドラゴンの指示によって待機している東の部隊──ジルニトラと青竜

 魔法の神と謳われるジルニトラに東の守り神である青竜が東の部隊に派遣された指揮官、副指揮官なのだ

「ふふ、どうやら私たちの出番のようだな……まあ、不死身という意味なら問題無い……私の方が遥かに上だ……」「……ハハ、流石エマお姉さま

あなたも好きかも:パチスロ ヱヴァンゲリヲン・魂を繋ぐものf
けど、相手の兵士は私の魔術で消滅させる事が出来るか少し不安だな……」『ハッハ……頼りになる助っ人だ

だがまあ、四神の一角として俺も簡単に殺られる訳にはいかねえな』 そして待機するもう一つ

西の部隊──エマ、ラビア、白虎

 此方《こちら》の二人と一匹は不死身のヴァンパイアに魔族の国幹部の側近

 それに加えて四神の一角と、東の部隊に負けず劣らずの強者《つわもの》揃いだった

 その両チームは控え、目の前を敵の兵士が通り過ぎるのを待つ

あなたも好きかも:スロット 電気代
通り過ぎたその時、東の部隊と西の部隊が一気に畳み掛けるのだ

『『…………』』「「『…………』」」 そして両部隊が息を潜め、じっと待ち続ける

呼吸を整え、力を込める

そしてその時は、やって来た

「今だァ!!」『「…………!!」』『今だよ!!』『……!』 それを見た瞬間、エマとジルニトラの声によってラビアと白虎、青竜

そしてその部下兵士たちが一気に駆け行く

『『『…………!!』』』『『『…………!!』』』 そして横から狙われ、一気に隊の列が崩れる敵の兵隊