まどまぎ スロット 演出

まどまぎ スロット 演出

(余り、拘りとか持たなそうな方なのに、トレニアさんの事になるとグロリオーサ様もあんな顔をなさるんだな)その顔は、不思議なもので領主で夫であるピーンの事を語る時の領主夫人であるカリンの面差しを―――"大切"な人を想っている人の顔を思い出させた

"恋"などしたことも、することもないだろう執事でもそれとなく判るほど、遠目から見ても、グロリオーサの黒目が誰かを想っているのを感じられた

(グロリオーサ様の為ではないけれど、アングレカム様が仰るみたいに、お客様達が大切に思われいるトレニアさんという方が不安になっているとうのなら、それは私も早く解消させてやりたい)話でだけしか知らない、心の読めてしまう、子供が大好きだと言う紫の瞳をもった、"魔女"とも呼ばれる客人達の仲間の女性

自由奔放なグロリオーサや、世話焼きのアングレカムの帰りを待っているのだという、優しい女性が心配していると言うのなら、早く戻して安心をさせてあげたいともロックは考えた

執事の事なら、表情をみたら魔術を使わなくとも大体心うちが読める賢者は、その気持ちを斟酌(しんしゃく)して、目元緩める

あなたも好きかも:ブラックジャック イルカと強盗団
(よし、あの絵本含めて色々話してから、アングレカムがグロリオーサを無事に"トレニアちゃん"のまっている場所に返してやるために

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆 スロット 中押し
取り合えず場所を移動する為に、私たちも"一芝居"をするとするか、ロック!)しかし、思いやりに満ちたピーンのテレパシーを承った執事の心に、見事な不安がもたげた

(え"、旦那が"芝居"をなさるんですか?)不安と無礼になりそうな感情を直隠(ひたかく)しにして、やっとそれだけを送る

『"や―れやれ、とっても仲のよい親友にこの様子では

親しくない、婦女子には、もぉーっと、遠慮がなさそうだな、アルセン殿は!"』ロックの返答を聞いたか聞かなかったが定かではないが、ピーンがかなりわざとらしく見える、まっすぐな棒のような平坦な声を出していた

あなたも好きかも:スロット まりも 通信簿
アングレカムが不機嫌とは別の意味で、物凄く深いシワを眉間に刻んで領主を見る

グロリオーサは幸いな事に、絵本を持ったまま特に変わりはなく、口を開いたピーンを見ていた

そして優秀な執事は細剣の柄を握り締めながら、俯いた

(アングレカム様、申し訳ありません

本当に申し訳ありません

あれでも、あんな様子でも、旦那様はとても真剣に"アルセン様を不機嫌で嫌な奴に見せる"事に協力していらっしゃるつもりです

そんな芝居をしているつもりなんです)自分のテレパシーでどのくらいの感情が伝えられているか解らないが、ロックはありったけの"申し訳ない"という気持ちを込めて、アングレカムに向けて送っていた

ロックが依存して、尊敬して、とても賢くて、強くて、行動力のあるピーン・ビネガーが1つだけ"上手ではないもの"