スロット セイントセイヤ スペシャル 朝一

スロット セイントセイヤ スペシャル 朝一

 歩いている間はさほど感じなかったのだが、かなりの時間を歩き続けていたので、それなりに疲労していた

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット まごころを君に 初代
 そんなつもりはなかったのだが、気づけば目を閉じて寝入ってしまうのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 気づけば一面真っ白な世界に来ていた

 そこにいるのは考助一人・・・というわけではなく、目の前には百科事典程の大きさの本が浮いていた

〖初めまして〗 突然目の前の本から話しかけて来た

 音を使って耳から入ってくる言葉ではなく、頭の中に直接響く声だった

あなたも好きかも:フェニックス 灘 パチンコ
「えーと? 初めまして? 考助です」〖知っている

私は<・・・・>〗「え? なんですって?」〖残念ながら、まだお主には、私の名前を聞く資格がないようだ〗 目の前の本は、そんなことを言って来た

「そうですか

・・・うーん、でも何となく想像できるんですが?」〖ほう

あなたも好きかも:パチスロ 狙い目
ではその名前をいってみよ〗「では、失礼して・・・世界記録(ワールドレコード)」 考助がその名前を呼んだ瞬間、目の前の本が光を発して、パラパラとページがめくられていった

 それは、あるページのところまで進んだところで止まった

〖それは、我を現す名の一つ