本庄 パチンコ エコー21

本庄 パチンコ エコー21

あなたも好きかも:パチンコ モデルガン
「えっと……貴女はリリアさん、ですよね?」「えっと……」 リンナにここまで言われては、誤魔化しも効かないと思ったヘレンは、「テ、テヘ☆」 舌をペロリ

「いや、テヘじゃないですよっ!? 貴女、誰ですか!?」「……確か、建国祭でリリアそっくりの娘がいたって話がなかったか」「もしかして……ヘレンさんですか!?」「は、はーい! ヘレンです!」「「「「「ええええーーっ!!?」」」」」 一同、ある程度驚き叫ぶと、怒涛の質問責めに合う

「何で言わなかったんですか!?」「リリアに止められてたから」「いつ入れ替わってたんですか!?」「合流する時には既に

劇団の馬車前で入れ替わったの」「その眼の色は? ま、魔力だって……」「これはカラーコンタクト

魔力に関してはこれ」 そう言うと私は、目からコンタクトを

首から下げていた魔石を手渡す

「こ、ここまでの偽装工作に加えて……」「そっくりで演者であるヘレンさんがリリアさんと言い張れば……」「気付く人はせいぜい親くらいってこと?」「まあいくつかボロが出そうになってたから、まだまだだけどね……」 するとアルビオは気付く

「ちょっと待って

確かにこの人工魔石なら、僕達は魔力の属性を誤魔化せるかもしれませんが……」 アルビオはさらにフィンの言葉を思い出す

「――フィン! メルリア!」「おう」「何です?」 二人はやっと気付いたかと、他人事のような返事で顕現(けんげん)

あなたも好きかも:天才バカボン パチンコ 歌
「君達、精霊ならこんな人工魔石に惑わされずに、属性を見抜けたよね!?」「まあな」「なら何で言わなかったの!? フィン!」「お前がヘレンにデレデレしてる間に、そいつから口止めされたんだよ

……こうしてな」 指を唇に当てる仕草を取って説明すると、ルイスが不機嫌そうな顔でアルビオに詰め寄る