パチンコ 吉宗 セグ

パチンコ 吉宗 セグ

「良樹君、だった?」「え、ええ

でもどうして名前を」「お姉さんから伺った」 隣で笑いを堪える池上を無視して、舞地は倒れている男を指差した

「悪いけれど、彼をお願い」「あ、はい」「怪我は無いし、意識もじき元通りになる」「分かりました

真理依さん」 よろけながら、どうにか男を起き上がらせる良樹

あなたも好きかも:zガンダム パチンコ 法則
 さすがに背負うのは無理で、ふらつき気味に男へ肩を貸した

「あ、後は僕に任せて下さい」 あどけない笑顔

 大男の体を支えているからだけではない、その赤い頬

あなたも好きかも:東京 カジノ プロジェクト ブラック ジャック
    良樹は小さく会釈をして、男と共にふらふらと食堂を出ていった

「ふーん」 腕を組み、舞地の顔を覗き込む池上

「なに」「良樹、君

あなたも好きかも:パチンコ 烈火の炎2 虎保留
だって」「別にいいでしょ」「真理依、さん

だって」「もういいから」 舞地は顔を背け、野次馬が散り始めた食堂の椅子に座った

 池上もすかさず、その隣りに収まる

「彼も、山崎さんに挨拶もしないで」「気付かなかったんだろ」「私達の間にいたのに?」 大げさに肩をすくめる池上と、くすくす笑う山崎

  舞地はキャップを深く被り、完全に瞳を隠した

 見えているのは、噛みしめられる唇