オンラインゲーム チート 犯罪

オンラインゲーム チート 犯罪

「・・・術の発動のタイミングとか、俺の行動に対する対応が適切ではなかったように思います

もし適切なタイミングと状態で使っていたら今のこの状況はなかったのではないかと・・・」「なるほど・・・つまりこいつは使い方次第でお前を倒し得たという事だな?」「はい、間違いないかと」康太の言葉に小百合は満足そうに押さえつけられている倉敷の前にやってくる

その表情は仮面をつけているためにわかりにくいが、康太は彼女が笑っていることに気付けた

なぜ笑っているのか、その意味がこの時康太にはまだわからなかった

「そう言う事だ

お前は魔術師を倒せるだけの術を持ちながらその扱い方を心得ていない

あなたも好きかも:バキ ぱちんこ
未熟者だからこそ他人にすがるほかないというのはわかるが、だからと言って弱者である自分を受け入れているようでは先はない」弱者でいることを受け入れてなお、その弱い自分を変えようとしなければ意味がない

康太は弱いことを自覚していながらそれを少しでも改善しようといろいろと努力している

新しい術を学んだり槍や武器の扱いを学んだり知識を溜めこんだりしながら日々努力している

あなたも好きかも:パチンコ 板橋
倉敷も同じような努力はしてきただろう

あなたも好きかも:ウシジマくん スロット
だが康太と倉敷ではその考えに大きな違いがある

康太は弱いということを知っているから強くなろうと努力する

倉敷は弱いということを知っているからそれを認め、諦めたうえで少しでもましになろうとしている

この二つは似ているようで大きく違いがある

そのことに文はすでに気づいていた

そして小百合が何を言わんとしているのかも、何を言いたいのかも

「結局お前は魔術師に利用されるだけの存在に成り下がるだろうな

少なくとも今の契約相手とつるんでいるようではお前はいつまで経っても今のままだ

私の弟子に勝つこともできない半人前以下だ」「・・・だからどうしたよ・・・お前は一体何が言いたいんだ・・・!?」「何も?私は私の弟子に負けた精霊術師がどんなものか見たかっただけだ