パチンコ 習志野

パチンコ 習志野

一斉にセイの方を向いたノア、アシン、ハルに「お前らが凄いのは、もうセイ様よく分かった

あなたも好きかも:パチンコ 熱い 意味
 正直、そのままデビューできるよ」セイが持ち上げると、三人とも嬉しそうに顔をする

「で、だ

セイ様、これから お前らの演奏とナーニャの声が被さったところを 聞きたいんだが、いいか?」アシンが真っ先に「よっ、喜んで!」と進み出て言うと、ノアとハルも仕方なさそうに頷いた

セイは満足そうに頷いて「よし、じゃあ、始めて貰おう

 お前ら三人は、フリーセッションを続けてくれ

 その上にナーニャのボーカルを即興で乗せてもらう

 できるな?」ナーニャはうつむき気味にコクンと頷いた

あなたも好きかも:化 物語 パチンコ プレミア
セイは満足そうにナーニャの両肩をポンポンと叩くと「リラックスだ

いいか、体の筋肉を柔らかくして いい音楽を創ることだけを思い浮かべるんだ」微笑みながら言うと「よし!アシンとハルとえっとあと青いのは……」「ノアだって!!」「そうだノアだ

あなたも好きかも:福井 パチスロ 爆サイ
ノアのスリーカウントで 演奏に入ってくれ

ではマイクをナーニャに渡すからな」セイがそう言うと、ノアがドラムスティックを少しキレ気味に打ち合わせて、そして再び三人のセッションが始まった

セイはその光景を、うっとりとした目で眺めてナーニャにマイクを渡す

ナーニャはしばらくためらった後に大きく息を吸い込んで「ふぅいええええぇえぇええぇえ……」と謎のシャウトなのか、吐息なのか分からない途中から脱力していく声を発した