ミルホ スロット

ミルホ スロット

微妙に不便だ

 南の空を見ると………良い感じの雲が急接近していた

 苗木は植えた直後に、冬とか春なら藁を根本に敷いたりするんだけど、今は夏真っ盛り(とは言ってもカンカン照りにはならない)だから敢えてオミット

代わりに、「この臭い粉を、このスプーンに一杯分だけ根本に撒いてくださいー

あなたも好きかも:synchrogazer パチンコ
手で触らないように

扱った人は最後に洗浄するからねー」 と、スライム粉を撒いて貰う

 皆、戸惑うことなく、順調に作業が終わる

あなたも好きかも:パチンコ 蹴る
「作業はこれで終わります

雨が来る前に教会に戻りましょう」 トーマスの奴隷はお隣の日光草畑に戻り、教会関係者たちとドロシーは馬車に乗り込んだ

 ドロシーとエミー、マリアは今日はとても静か

黙々と作業をこなしていた

今日は静かだね、なんて訊けないよね

 ちなみに、作業そのものは集合から解散まで二刻(二時間)ほどで終わった

あなたも好きかも:パチンコ しだかい
《ノーム爺さん、調子はどう?》《全部の苗を元気づけておいたぞい?》《そっか、ありがとう

エミーは………》 念話をしている私を、エミーはジッと見ていた

そのエミーをドロシーとマリアがジッと見ていた

何だこの構図は

《儂の姿が見えているわけではなさそうだのう?》《そうみたいだね

まだ違和感、程度なんだろうね》 エミーが精霊使いとして覚醒するのか、このままでいるのか、それはわからない