パチンコキング 豊栄 閉店

パチンコキング 豊栄 閉店

あなたも好きかも:ぱちんこ キカイダー
ユリアンもそうだったけど、『神託』受信中は物凄く格好悪くて無防備よね

「小さい親方、これって……?」「マザー・ウィロメラが『神託』を受けている最中だ」 オダに解答したのはマッコーだ

マッコーの立ち位置は、この場においては物凄く微妙なものとなっている

インプラントを施され、私の血肉を受けたことで逆らえなくなり軍門に下り、実質的にマザー・ウィロメラのチームから外されている

これはマッコー本人に確認したことだけど、実際に戦力外通告を受けたそうだ

あなたも好きかも:パチンコ 勝てない機種
それでも、『相談』と称して私を教会に連れてくるくらいのことは請け負うらしい

一筋縄ではいかない、因果な関係は続けざるを得ないんだろうね

「これが『神託』……?」 オダの呟きに今度は反応せず、マッコーは私に向き直った

「母上、この『神託』は拒否されるのですか?」 ユリアンからの『神託』を聞いておらず、東迷宮への侵攻もしなければ、マザー・ウィロメラの『神託』に唯々諾々と従って火の精霊と対峙していたかもしれない

その道中で生理で戦闘力が低下した状態で……となれば、偶然が重なるとはいえ、凶悪な罠だったと思う

まさか、『使徒』の方で私の生理周期をコントロール、もしくは監視してたりするんだろうか

 確かに私こそが世界の歪みなのも間違いないので、そこまでされることに一定の納得はする

けど、プライバシーの概念は『使徒』にも適用されていいと思うのよね

あなたも好きかも:パチスロ 高 評価
「ん~、どうしようかなぁ

とりあえず新しい『神託』次第かなぁ」 素振りを続ける

 と、マザー・ウィロメラが憔悴した表情のまま、顔を上げた

『神託』を受け取り終えたみたい

「貴女は………何をしたのですか?」 マザー・ウィロメラの第一声がそれだった