パチンコ 大工の源さん 超韋駄天 スペック

パチンコ 大工の源さん 超韋駄天 スペック

 コツコツと模造品を造り続けるので、満足じゃよ」その瞬間、俺はなぜか全てを理解してしまった

そして座ったまま、頭を伏せて脱力する

「どうしたのですか?」「どしたの?」ドロシーとマロンが顔を見つめてくる

あなたも好きかも:所沢 日吉 スロット
「……二人目なんでゲスよ

あなたも好きかも:パチスロ ガールズ&パンツァーg
 完全に、虚無の王関係者を連れて行くのは」「……?」「要するに、虚無の王は言ってるんでゲス

 この人を、あのモニュメントのようなものごと連れて行けと」「……正気ですか?」マロンが詰め寄ってくるが、隣のドロシーが頷いて「だろうね

自分の領域で爆殺されたくなかったら 連れて行けってことでしょ? 爆殺かはわかんないけど、可能性高いのは 共鳴粒子の反作用での爆殺でしょ」「それが虚無の王の"問い"の真の答えなのですか?」マロンが眉をひそめて尋ねてくる

「……そうでゲス

バウスマーに加えて 自分側の勢力を、俺の傍にどうしても置きたいんでゲスよ

 虚無の王と仲の悪い、ドルナジャが近くにいないうちに」「あっ、あの……クリエイターさんは ついてきたいのですか?」マロンが尋ねると彼はサッと立ち上がると、しゃがれた声で「勿論良いよ

どちらにせよ、従うしかないじゃろう」ドロシーは気だるそうに「あとさー、ここにイボボボボンガたちを 移住させたいんだけど、どうなのかな?」「くっ、くくく……」クリエイターは笑い始めた

「あーやっぱり、無理かぁ