mj パチンコ バイト

mj パチンコ バイト

この場所からマルヌ川の巾着状となった湾曲部「口」に架かる「ジョアンヴィル橋」とその東側の街道筋を見下ろし牽制していたのです

 ヌフ・ヴァンセンヌ堡塁平面図 シャラントン堡塁はこのヴァンセンヌの森南側、マルヌとセーヌ合流点(クレテイユ部落の周辺地域)を護るために造られた、立派な掘割を持つ星形堡塁でした

 この分派堡塁の北にはマルヌ川に架かる「シャラントン橋」があり、これは南方へ向かう常設の橋としてはパリ東郊有数のものでした

他にもこの地域にはパリ~リヨン鉄道、ムラン(シテ島の南南東42キロ)への街道(現・国道D6号線とN6号線)とプロバン(シテ島の東南東77キロ)への街道(現・国道D19号線からD619号線)分岐点を抑えており、セーヌ右(東)岸を北上、またはマルヌ川をセーヌへ向かう「敵」にとっては最大の障害でした

 この堡塁の南東5キロ付近(現・当時はないクレテイユ人造湖の東側)はモン=メリーと呼ばれる丘陵で、例のマルヌ「巾着部」とクレテイユ地域を俯瞰する場所でした

あなたも好きかも:スロット どんじゃら
 クレテイユの西、セーヌ川を渡った左岸縁イブリーとビトリ部落からビエーブル川までの地域には、ビルジュイフ部落(セーヌ=マルヌ合流点の南西4.5キロ)の西にオート・ブリュイエール丘陵があり、最高地点は標高123mでその西側はビエーブル川の造る渓谷になっていました

この地域には本格星形(五角)稜堡の分派堡塁ディブリー堡塁とビセートル堡塁がありました

 ディブリー堡塁はオート・ブリュイエール丘陵の東斜面突角部分(標高60m)にあり、セーヌ右岸のシャラントン堡塁と向かい合う形でセーヌ=マルヌ合流点を見下ろし、周辺地域を制圧していました

あなたも好きかも:公 楽 パチンコ
 ビセートル堡塁は丘陵の北端付近にあって標高は116m、ビエーブル沿岸とティエールの城壁を見下ろしていました

あなたも好きかも:パチンコ ハーデス 319
 しかし、この二つの分派堡塁はオート・ブリュイエール丘陵自体からは俯瞰されており、この防御の無い高地を奪われてしまうと「セダン」と同じ運命となってしまう危険性があったのです

 ビエーブル川の西、「セーブルの谷」(シテ島の西南西10.5キロのセーブル付近セーヌ河岸からその西7キロのベルサイユへ続く谷)までの地域は、ビエーブル川西岸からセーブル谷に向かって緩斜面となる高地で、最高地点はベリジー=ビラクブレー(セーブルの南4.7キロ)周辺、ムードンの森付近にありました

この付近の高地(平均標高は180m)はムードン(セーブルの南東2.4キロ)の南に延びる谷で二分され、西のムードンの森と東のクラマール(セーブルの南東4.8キロ)の西森に分かれます

 このビラクブレー高地は前述通り、北と東に向かって階段状に斜面を形成しており、この地域には階段状地形を利用した3つの分派堡塁がありました

 その一番東側、ビエーブル川の西岸台地上にあるのがモンルージュ堡塁で、これは本格的な方形稜堡となってビエーブル対岸のオート・ブリュイエール丘陵西斜面を要塞砲射程内に収め、付近北側1キロのモンルージュ、同南南西1.5キロのバニュー、そして南2.5キロのブール=ラ=レーヌの諸部落を制する位置にありましたが、逆にオート・ブリュイエール丘陵尾根上や西側2.4キロのシャティヨン付近の高地からは俯瞰される危険がありました

 二番目のバンブ堡塁もモンルージュ堡塁を一回り小さくしたような本格方形稜堡です

これは直ぐ南側のシャティヨン部落や北側のマラコフ、バンブを牽制し、東2.3キロにあるモンルージュ堡塁と西1.7キロにあるディッシー堡塁を繋ぐ役割を果たしていましたが、この堡塁も南側2.3キロにあるフォントネー(=オー=ローズ)部落西にあるクラマールの高地東突端部分から完全に俯瞰され、ここに砲列を敷かれると危険となる欠陥がありました

 クラマールの北、セーヌの湾曲部突端を俯瞰し、ブローニュ半島南部とパリ市街南西部の守護となるディッシー堡塁は本格的な星形(五角)稜堡で、ムードン、セーブル二つの谷入口を要塞砲射程に収め、ここからセーヌ渡河又は西のベルサイユ宮殿へ進もうとする「敵」を牽制する役割を担っていました

しかし、この立派な分派堡塁にしても南側クラマールの高地から見下ろされる形となります

 これら三つの堡塁は互いに地下道や散兵壕で連絡され、仏軍は更に土塁や鹿砦線を設けて突破を防ぐのでした