パチンコ 罠

パチンコ 罠

あなたも好きかも:パチンコ 機種 おすすめ
《彼の傍にいてください

大島さんがいることで、彼は無謀なことはしません

あなたを守らなくちゃいけないって、それは理解していますから

あなたも好きかも:パチンコ 会員カード 住所
だから……しばらくの間、御護りになってあげてください》 お守りだなんて、そんな大層な物になれるかどうかわからなかったが、優樹は気持ちを落ち着けるように深呼吸をして唾を飲み、戸惑い目を泳がせた

「武田さんは? ……どうするの?」《私は、未来を変えるべく、がんばってみるつもりです》「……変え、られるの? ……大丈夫なの?」 不安で一杯になり声を震わせると、《はい》と強い声が返ってきた

《変えてみせますから》 ――本当に出来るかわからない

けれど、弥生がそのつもりでいるのだから、自分がここで弱音を吐いていてはいけない

 優樹は気持ちを踏ん張らせ、険しく顔を引き締めた

「何か……、私に出来ることがあったら言ってね」《……立花君の傍にいてくれるだけで充分です

……ありがとう》 とても優しい声色にドキッとしつつ、「う、うん……」と戸惑い頷いた

「武田さんも、気を付けてね

……絶対、深入りしちゃ駄目だよ?」《はい

……私は大丈夫です》「……うん」《明日……何かが展開するように思えます

そこからが、本当のスタートかもしれません――》

「……これ、いつのだろうね」「一昨日じゃない? 優樹、この鞄持ってたし……」「でも、立花のこのジャケットは昨日だよ?」「大介のンは一昨日や

この靴履いとった」「勝則君の格好は、その前だよね?」「はい、……四日前だと思います」「じゃあ、遅くても五日前くらいから企んでいたって事か……」 翌日の午後――

 土曜日の今日は午前中の授業のみで終業し、ホームルームを終えた順番で変わらずの顔が集まった

ポラロイド写真もいつもの白い封筒に入って、誰よりも早く部室のドアの前に“居た”

 今度はホッチキスで留められてもなく単枚で、木影から部室を見ているマネキンの向こうで部員のみんなが部室へ出入りしている、そういう不気味な写真だ