スロット 3 月 新台

スロット 3 月 新台

 名を蒼凰(そうおう)蓮華(れんか)――VV-iP学園普通学科一学年に通う、瀬菜の待ち合わせの相手だ

「相変わらず良いタイミングじゃねェか

さすがだよな」「それは、私の台詞よ」 するりと滑り込むよう瀬菜の隣に座る

あなたも好きかも:スロット gogo ジャグラー 設定 判別
肩が触れるか触れないかの位置に、瀬菜はどこかほっとした

あなたも好きかも:パチンコ 唐津 イベント
「珍しいのよなァ……おっと、瀬菜の友達か?」「え? あ、えっとね」「――学校の知人よ」「つまり学友よな?」「……知人よ」「はあン、肯定したくはねェッて感じでもねェのよな

まァいいか、俺ァ蒼凰蓮華ッてンだ

覚えといてくれよ」「あ、どうも、鏡華花です

えっと――せっちゃんの、お友達?」「あー……違うよ」「そうね、違うわよ華花

蓮華は――ええと、そうね、どう説明すべきかしら」 順序を追えば長い話になる

今もまだ複雑な関係のような気がしてならないが、端的に表現しようと思うと言葉に迷う

あなたも好きかも:天皇 パチンコ 2ch
だから面倒になって、吐息を一つ

「ええそう、私の旦那よ」「――は?」「つまり俺の妻ッてことよな」 選択肢の中から得た一言が妙に気に入ったのか、蓮華はくつくつと肩を揺らして笑いながら言う

お互いにその選択を間違いだとは思っていないのだが、蓮華にとっては笑えるらしい

「ま、珍しいこともあるモンだよ

瀬菜が誰かと、しかも学友と一緒ッてのはさすがの俺も驚いたよ