ミャンマー バカラ

ミャンマー バカラ

 推理小説では鉄板の流れですよね

 そのときリストアップされた疑わしい人物が実際に凶行に出たのだと読み手に思わせ、「どんでん返し」もなくその人物が自白して逮捕される

あなたも好きかも:まどマギ 新台 スロット 評価
 これで推理小説好きな人は満足するでしょうか

 おそらく記憶にはまったく残らないだけでなく、真犯人が当初から目をつけていた人物であり、なんの「どんでん返し」もなく真犯人を追い詰める場面に出食わした段階でその小説は閉じられます

 推理小説ファンは「どんでん返し」が大好物です

 しかも一作品の中で何度でも「どんでん返し」を起こしてほしいと思っています

 誰が真犯人なのかがわからなくなるほど振りまわし続ける小説ほど「読み応えがある」などと言ってのけるのです

 だから小説の冒頭で謎が示されて、その謎が解き明かされそうなときに「どんでん返し」が起こって状況が変化し、さらなる謎が生まれてくる

あなたも好きかも:八戸ノ里 パチンコ バイト
 そして最後まで残っていた謎が「佳境(クライマックス)」ですべて明らかにされるのです

 この様式美こそが推理小説・ミステリー小説だと言えます

最後に 今回は「どんでん返しは物語の華」について述べてみました

あなたも好きかも:パチンコ 出る 店 神奈川
「どんでん返し」のない小説は平板で味けないものです

 ほとんどの物語には「どんでん返し」があります

「どんでん返し」で状況が一変し、新たな謎が生まれるのです

 この謎が先を読み進める原動力となります

 たかが「どんでん返し」ですが、小説を味わい深くするためにはなくてはならないものなのです

連載の起承転結 小説は「起承転結」の四部構成が基本とされています

 しかし連載小説では長編小説用の「起承転結」では合いません