一之江 スロット

一之江 スロット

「セツナ、どこへ行こうというのかしら?」「ファリア……落ち着けよ」「落ち着いているわよ

別に怒ってもいないし」 ファリアが、にこりとして、いってきた

あなたも好きかも:パチスロ バッチ
「ただ、君の真意を聞かせて欲しいな、って思ってるだけよ」 ファリアの声音の持つ迫力に圧され、セツナは、笑うしかなかった

 そんな風にして、セツナたちの五百二年は幕を閉じていく

 なんの変哲もない、しかし、確実に変わりつつある状況が、セツナたちの日常を包み込んでいた

雪が降り積もっていた

 真っ白に染まった戦神の座は、この冬一番の寒さを象徴するようであり、また、冬の日の美しさを見せつけるかのように陽光を反射して、まばゆく輝いている

雪はとっくに止んでいて、頭上には晴れ渡った空が広がっている

あなたも好きかも:嵐 twitter スロット
抜けるような蒼穹

雲ひとつ見当たらず、頂点へ至ろうという太陽の輝きばかりが滲んだ空を染めている

 風はないのだが、昨夜から降りしきった雪のせいなのか、気温が極端に落ち込んでいた

これで風が強かったらとんでもないことになっていたかもしれない

あなたも好きかも:高齢者 レクリエーション テーブルゲーム
 リョハンの冬は厳しい

 特に空中都は、そこに住むだけで修行を積んでいるといっても過言ではないくらいに厳しい季節だった

まず、リョフ山という峻険の頂にある時点で、人間が住むには厳しいのだ

そこに人の住処を作り上げることができたのは奇跡なのではないかと思うほどであり、何百年もの昔、リョフ山に都を築き上げた人々には驚嘆するほかない

 人間という生き物は、ときに想像すらできないことを成し遂げるのだから、面白い

「年は越せるかしらね」 不意に発せられた言葉は、他愛もない世間話のようなものだったのだろうが

 彼は、戦神の座と名付けられた中庭に向けていた視線を彼女に戻し、睨んだ