パチンコ リリカルなのは 2人の絆 レバブル

パチンコ リリカルなのは 2人の絆 レバブル

いざという時に頼れる仲間くらいいないと」「同盟・・・っていうんじゃなくても・・・なんていうのかな・・・協力体制っていうんですかね?そういうのがあってもいいと思うんですよ」「といってもねぇ・・・戦闘能力で君たちを上回る実力を身に着けてて、なおかつ君たちと同世代の魔術師なんていないでしょ?少なくとも僕は知らないよ?」同世代、あるいは近い世代でそういう人間を見つけておくことは大事だ

これから魔術師として生きていくうえで絶対的に交友関係というものは必要になってくるのだから

あなたも好きかも:ビルダーズ カジノ
魔術師として互いに利用しあうような仲でもいいからそういう関係は必要不可欠なのである

あなたも好きかも:パチスロ ストリートファイターiv 新台
ちょうど今の康太たちと倉敷のような関係が好ましい

あなたも好きかも:ハリウッド スロット
もっとも倉敷の場合は康太に手を出したその報いとして一方的に手伝ってもらっているようなものだが、その関係が解消したら康太たちが逆に手を貸すことだってやぶさかではない

「まぁ今後の同世代の成長に期待ね・・・っていうか私たちと同い年の魔術師はいまどき何してるのかしら?修業?」「だろうな

ぶっちゃけ俺らだって基本はそうだろ?こうやって依頼が来るのなんて一カ月か二カ月に一度くらいな気がするぞ」身内以外での依頼というのは地味に少なく、康太たちが経験した実戦というのはほとんどが身内から派生したものばかりだ

そう考えると康太たちの魔術師生活も同世代の人間と変わらないといえるのかもわからない

もっとも、文の様に昔から修業してきた魔術師や、康太の様に去年突然魔術師になったような人間もいる

同世代といってもそれだけの差が明確に存在しているのだから、もう少し気長に待たないと同世代の魔術師というのは育たないのかもしれない

自分たちの先輩魔術師を思い出しながら康太と文は小さくため息をついた

戦うだけが能ではないが、戦えるというだけで選択肢は広がるのだ

それを理解できたのはそれぞれがある程度実力をつけてからだったのは言うまでもない

誤字報告を十件分受けたので三回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

「というわけで手伝ってもらうぞ倉敷君」「・・・またか・・・またか・・・!」学校の昼食時、倉敷のクラスに赴いて手招きをした時点で倉敷はかなりいやそうな表情をしていたが、屋上に連れ出して満面の笑みでこのように告げた康太に対して大きくうなだれてしまうのはある意味仕方がないだろうか

「とりあえず康太との約束は今年度で終わりなんだし、これが最後だと思っていっちょ頑張ってくれると嬉しいわ

お願いね」毎度のことながらまともな説明もせずにただ手伝ってもらうといわれるのももはや何度目だろうか

倉敷は額に手を当ててうなだれながらも、康太との約束も今年度中ということもあって頼み事も多分今回までだろうと割り切っている節もあった