パチンコ 導入日 モモキュンソード

パチンコ 導入日 モモキュンソード

その、ロキの胴体がゆっくりと近付いている事にフォンセは気付かず

「──お前は暫く眠っていろ、"封印《マクタム》"……!」『……!?』「……!」 そしてルミエが、ロキの身体と頭を魔力の中に閉じ込めた

 フォンセは遅れてから気付いたらしく、慌てて後ろを振り向く

残っていたのは、魔力からなる入れ物に入り行くロキの身体だった

「すまない、ルミエ

頭を切断したからてっきり死したと思っていた……」「いや、大丈夫だ

あなたも好きかも:アントニオ 猪木 が 元気 に する パチスロ 機
私は殆ど足手纏いだったからな

あなたも好きかも:爆サイ スロット 彦根
傷も治療して貰ったお礼だ

私たちは封印の魔術もそれなりに身に付けているんだ」「成る程、それでか……」 ロキは、そう簡単に死なない

なので過去に封印されていたのだろう

あなたも好きかも:パリジャンマカオ カジノ
 ルミエが幹部の側近として仕事をする以上、魔物の封印などを請け負う事もある

なので魔族の幹部や側近たちは封印魔法や封印魔術を身に付けているらしい

「しかし、これで一段落付いたと見て良さそうだな

後は少し休んだらライたちの元かレイたちの元に行くとしよう」「ああ

それが良い

オーディンやテュポーン、カオスは何時《いつ》戻ってくるか分からないからな」 完全に何もなくなった場所にて、軽く座って寛《くつろ》ぐフォンセとルミエ

ロキの脅威も去り、残るはライとグラオ、テュポーン、オーディンだけとなった