ビットカジノ

ビットカジノ

……目に見えるものなら尚更、ね」 囁くような小声と同時に寂しく微笑まれ、反町は敬子をじっと見つめた

あなたも好きかも:偽物語 パチスロ 技術
敬子はそれ以上何も言わず、微笑むとポンポンと軽く肩を叩いて康夫に近寄った

あなたも好きかも:スロット 沖ドキ パラダイス
「それじゃ、またいつか家にも顔を出しにおいで」「はいっ

必ずっ」「おっちゃん、おばちゃん、気ィ付けてなーっ」「本当にありがとうでしたーっ」 みんなで元気よく手を振る中、和田夫妻は笑顔で懐中電灯を照らしながら歩いていった

その背中が遠くなり、みんな、「さ、中に入るぞっ」と足早にペンションに入る

あなたも好きかも:リゼロ スロット c天井
「ご飯作らなくちゃね

みんな、手伝ってくれる?」「やったるで! お好み焼き作ったるわ!!」「男の手料理、食いたくねー!」「私が作ろうか?」「え? 生美先輩、お料理出来るんですか?」「意外?」「……い、意外です」「うふふ」「っつーか、……オレ、親父たちにマジで怒られちまうっつーんだよ」「隠しておけば?」「火事まで起こして隠せるかよ」「じゃあ、相川が放火した、ってことで」「なんだとォ!?」 みんな楽しげに玄関先へと向かう

……と、立花は立ち止まって振り返った

 ……少し離れた森の中、一人の少年がこちらを見ている――

 立花は少し口元に笑みを浮かべると、みんなのあとをついてペンションの中に入った

 優樹は遠退く懐中電灯の明かりをじっと見つめていたが、「……くしゅっ」とクシャミをしてブルっと身震いすると、ペンションに向かった

……が、服の袖を掴まれて、「ん?」と振り返った

「……なあに? どうかした?」 反町がじっと俯き、優樹の袖を掴んでいる

暗さもあって表情はよくわからない

 優樹は「ん?」と首を傾げた

「流君? どうしたの?」「……」「流君?」 何も言わない反町に、優樹は顔をしかめ、彼の背後、少し離れたところにいる洋一に目を向けた

洋一は寒そうに「……?」と顔をしかめて腕を抱いている

 優樹は反町に目を戻した

「どうしたの? 早く中入らないと、風邪ひいちゃうよ?」「……」「……?」 一向に埒が明かない