上前津 スロット

上前津 スロット

「よくお稽古されていらっしゃいます」と先生は褒めてくれたけれど、これはお稽古を日常に組み込んだ神官長やロジーナの成果である

あなたも好きかも:パチンコ 出玉 計算方法
 そして、次の日の午前中は来年の自習と、ハルトムートにヒントをもらった魔法陣の作成で時間を過ごし、午後には調合服に着替えて、調合の実技に向かう

「本日はオルドナンツの調合を学びます

どの階級においても最も使用頻度が高い魔術具ですから、複数準備した方が良いでしょう」 そう言いながら、ヒルシュールが壁に貼られた白い布にオルドナンツの調合手順を映し出した

回復薬の時にも使った魔術具なのでもう誰も驚かない

皆が淡々と書き写していく

オルドナンツの調合をしたことはないけれど、手順自体は神官長の参考書にあった

参考書をまとめる時に書き写してあるので、もう写す必要はない

あなたも好きかも:パチンコ 休日は
わたしとヴィルフリートは調合の準備を始めた

「ローゼマイン様、お手本をお願いいたします」「……ヒルシュール先生、わたくし、オルドナンツは調合したことがないのですけれど」「大丈夫です、ローゼマイン様ならば」 ものすごく適当なことを言いながら、ヒルシュールが今回の調合のために持参した材料を抱えて前へと持って行く

材料がなければ、調合はできない

わたしは諦めて前へと向かった

「では、手順通りにどうぞ」 わたしはたくさんの生徒に見つめられる中、前に映し出されている手順通りに調合をしていった

あなたも好きかも:スロット ミリオンゴッド 神々 の 凱旋 v 揃い
 まず、羊皮紙に書かれている通りの魔法陣を魔力で書くペンで書きこみ、魔法陣に間違いがないか、ヒルシュールに確認してもらう

 次に、鍋をヴァッシェンで洗浄する

 そして、調合鍋に風の属性の鳥から取った魔石を入れて、「バイメーン」でシュタープを変化させた混ぜ棒でぐるぐると混ぜていく

「あ、解けてきた」 わたしの調合鍋を覗き込んでいた生徒達が声を上げた

魔石の形が崩れて黄色のでろりとしたゲル状になってきている

「完全に解けてしまってから、この魔法陣を入れます」 ヒルシュールの声に合わせて、わたしは一度皆に見えるように羊皮紙を上げた後、調合鍋に入れた