ブギーマン パチンコ マン

ブギーマン パチンコ マン

ややあってから少しだけ瞳の表情だけで冷静さをくしゃりとさせ、また僅かに頭を下げる

あなたも好きかも:ハイスクールオブザデッド スロット 中段チェリー
「高位の方のご推察によれば、私の存在も呪いの発動の原因であったようです

重ねて、お手数おかけしました」「あまりお前とこうして会えることはない

あなたも好きかも:パチスロ ゴッドイーター 役物
話したいこともあるが、疲れてはいないか?」「いえ」思いがけない言葉にまた視線を揺らし、オズヴァルトはひどく無防備な顔をした

その隣でダリルがやれやれと肩を竦め、ロギリオスと呼ばれた騎士はなぜかほっとしたような顔をする

「ネアちゃん、ディノ達と先に帰っていていいからね

あなたも好きかも:パチンコ 黄門 ちゃ ま ハイエナ
ゆっくり休んで、晩餐の前に報告会にするよ

……まったくうちの王子は、自分が安定してるからっていらない情をかけるんだからね」ダリルはそうぼやきながら、顔を顰めて隣のエーダリアをばしりと叩いた

いきなり叩かれたエーダリアが驚いて振り返り、そのまま早くしなとどこかの空間に押し込まれている

一緒にそちらに入るオズヴァルトが、慌てたように一礼してお別れの挨拶をくれた

ネアもぺこりと頭を下げた頃にはもう、その空間は閉じてしまったのかオズヴァルトの姿はない

「ほわ、………ダリルさんにどやされて消えてゆきました」「ありゃ、エーダリアはかなり叱られるだろうね」「エーダリア様は、オズヴァルト様とお喋りしたいのですね」「弟だからかなぁ

こんな機会でもないと、周囲がそれぞれ反対して会えないからね」「前回、ウィームにいらっしゃった時は、さほど興味がない風にされていたような……」ネアがそう首を傾げれば、やっとノアの後ろから出てきてくれたディノがネアの羽織ものになりながら教えてくれた

「君が、カードであれこれ教えてくれただろう?その会話から、今の彼とであれば話しても大丈夫だろうと考えたようだよ」「そういう事であれば、オズヴァルト様は安全な方だと思いますよ

あの方の望むものは、ウィームやエーダリア様に害のあるものではないでしょう」とは言え、うっかりウィームの宿命の敵に恋をしたり、悪者に捕まって洗脳されたりすることもないとは言えないが、出来ればそんな目に遭わずに幸せになって欲しい