パチスロ ガルパン あんこう祭

パチスロ ガルパン あんこう祭

「あ、あの・・・休憩とかは・・・?」「何を言っている?明が戦っている間数分間休んでいたんだ

あなたも好きかも:パチンコ いくらから
十分だろう?」気絶していた時間を休憩というあたりさすがは師匠だなと康太はため息をつく

昔の自分を見ているようだと思い返しながらとりあえずその場に座って訓練を観戦する態勢に入っていた

「あの、先輩ら、何とか言ってくださいよ

この人無茶苦茶言ってますよ」「それがうちの師匠だ

その人に指導を頼んだ時点で逆らう権限はお前に与えられていない」「まぁ、その人に鍛えられるとまず間違いなく実戦慣れはできるわよ

まずは初日だし、こういうものもあるんだって思ってやってみたら?」康太は諦めから、文は経験から小百合の指導方法に逆らわない理由を告げるが、それら二つとも納得できない晴は先ほどの痛みの恐怖を思い出してわずかに体を震わせる

その様子を見て小百合は晴の首根っこを掴むと強引にその場に立たせた

「震えている暇はお前にはない

そんな暇があるなら少しでも防いで見せろ、反撃して見せろ、それでも男か」「お、男とか関係ないでしょ!痛いのは嫌ですよ!こんなん訓練じゃないです!ただの暴力ですよ!」「ただの暴力が襲い掛かってくるのが実戦だ

あなたも好きかも:女性ライター パチスロ
訓練でできないことが実戦でできると思うな

実戦のじの字も知らないひよっ子がわかったようなことを言うな」小百合の言葉は至極正論なのだが、どうにも納得したくないなという気持ちが康太と文にはあった

何せ傍から見ていればやっていることはただ単に木刀で殴り倒しているだけなのだ

これが魔術の訓練と言われても納得するものは少ないだろう

先ほどの晴の言葉ではないが、八つ当たりという言葉が一番しっくりくる気がしてならなかった

「止めないのね?てっきり止めるかと思った」文の言葉に康太は笑みを作りながら気絶している明と今まさに木刀で殴られようとしている晴を見比べて小さくため息をつく