おそ松さん スロット 設置店

おそ松さん スロット 設置店

もはやこの失敗は、当分取り戻せそうもない

 閑散とした路地の真ん中に、アズマリア=アルテマックスの姿はある

燃えるような真紅の髪と黄金の瞳は、以前見たときと変わらない

眩暈を覚えるほどの美貌も同じだった

ただひとつ違う点を上げるとすれば、その肉感的な肢体に纏う衣装だろう

あなたも好きかも:賭け アプリ
血の如き深紅の衣ではなく、夜の闇よりも深い漆黒の外套である

あなたも好きかも:バカラ 運 ゲー
それは、彼女の匂い立つほどの妖艶さを十二分に引き立てているように思えた

 もっとも、その外套をほかの人間が身に付けたところで、アズマリアと同じような結果を得ることもできないに違いない

彼女自身の色香が凄まじいだけなのだ

 セツナは、今度こそアズマリアの色気に惑わされないように気を引き締めなおした

 アズマリアが、値踏みするようなまなざしでこちらを見ていた

あなたも好きかも:魔法少女まどか☆マギカ2 パチスロ
「なんだよ?」「ふむ……面構えは多少なりともよくなったようだな」「……褒めてんのか? それ」「戦士の顔になりつつあるといっているのだ

素直に喜べ」「喜べるかよ」 やれやれとでも言いたげなアズマリアの態度に、セツナは、憮然とした表情を浮かべざるを得なかった

そんな投げやりな褒め言葉で浮かれられるほど、軽い人間ではない

いや、そもそも、戦士の顔に近づいているからといって、どうだというのだろう