スロット 化物語 設置店

スロット 化物語 設置店

頂上は草木が生えていない平らな荒地だ

あなたも好きかも:ガルパン これが私の戦車道 スロット やめどき
「……結局、何も無かったな」メイリンが空を見上げながら「では、なぜ、恨乱雲が……」考え始めた

ナンマルと山根は、頂上の隅まで歩き回って探索をし始めた

俺は荷物を降ろした

メイリンがリュックからシートを取り出して「少し早めですが、休憩も兼ねて、お夕飯にしましょうか」保存食などを並べ始めた

戻ってきたナンマルたちが「何もありませんでした

人や生き物の痕跡がまったくありませぬ」山根は並べられた保存食を眺めてから「久しぶりに料理しない?木もあるし、火も起こせるでしょ?」とメイリンに言って、三人で火を起こし夕飯の準備をし始めた

セイは暇そうにシートに大の字に寝転がって恨乱雲を見つめる

セイの腹の上にナンスナーが座る

俺も隣に座ると、セイが寝たまま「セイ様の実家な」「うん」「周りに何か埋めて、あの恨乱雲の対策してたという話があるんだ」そんな話を以前に魔神のカイユ・ヴェイレルから聞いたことがある

あなたも好きかも:スロット 今後
「あの雲をほっとくと、やばいんだよな?」「そうだな

あなたも好きかも:パチンコ 装飾 カタログ
ずっとその下に居ると、雲から降り注ぐ呪いで、 皆病気になったり、死んでいくって聞いた

 だから埋めてたんだって」「やばいじゃないか……それでこの島に生き物が……」「死体は無かったから、みんな逃げ出したんじゃないかな?」ナンスナーがそう言って、少しホッとする

「そうか

ならいいんだが……」「なあ、セイ」「なんだ」「モルシュタインが人間たちから恨みを買っていたからあの雲が おまえんちの上に出ていたんだろ?」「そうだな」「ということはこの島に、物凄い恨みを買っているやつが いるはずなんだが、見当たらないんだよな……」「不思議だな……」セイは恨乱雲を目を細めて見つめる

ナンスナーも真面目な顔をして聞いている

「しかも俺はブラックマーケットの時みたいに 誰かを恨んでいる不幸な人たちもこの島にいると思って みんなと登ってきたんだが、それも見当たらない」「確かに変だな