スロット 5000枚 機種

スロット 5000枚 機種

リリュ「しかし、もう若い世代か」サクヤ「ん? 若造は自覚してるが、あんたんとこもそうだろ」リリュ「だから痛感してる」サクヤ「オトガイって……引退したらどうなるんだ?」リリュ「仕事が趣味に変わるんだよ、若造

それだけだ」サクヤ「ってことは、仕事にはノータッチ?」リリュ「頼られることはあるけどね

場所を移すかどうかも適当」サクヤ「顧客側からの不満はないのか?」リリュ「あったら当代の責任ってわけだ」サクヤ「なるほど? 客商売ってのも大変だな」リリュ「同情なら今は出てる店主に言ってやんな」

「僕の明日に未来は無い……」 そんな絶望の言葉を口ずさみ続けるヴァートに、アライスや部下達もオロオロしている

「ま、まあこれこそもう戻れぬのだし、それにヘレン殿は北大陸の出身

地の利がある方が一緒とは心強いじゃないですか」「他人事じゃないですよ、アライスさん

あなたも好きかも:8のつく日 イベント スロット
僕らはリリアさんを任されていたはず

それなのに、見抜けませんでした、守れませんでしたじゃ話になりませんよ

あなたも好きかも:金女 攻略 スロット
僕らは陛下と殿下から命(めい)を受けたはず……」 国の王様からの命令を、いくらリリアの独断とはいえ、見抜けずに果たせませんでしたでは済まない

「これで仮にリリアさんが向こうで亡くなられてみて下さい

僕らの首も飛びますよ

物理的に……」 アライスも現実が見えてきたのか、青ざめるとヴァートと共に膝(ひざ)を折る

「カルディナ……父の先立つ不幸を許してくれ」「短かったなぁ、僕の人生……」「――ちょっとやめて下さい!! リリアなら大丈夫ですから! きっと無事に帰ってきますから! 約束もしたし……」 ヘレンはリリアと指きりをしてきた

そうでなくても無事に帰ってくると信じている