ブラックジャック 鬱

ブラックジャック 鬱

「やぁ、ようこそ

あなたも好きかも:日本 版 カジノ の すべて
少し話を聞きたくてな」 ギルド長がニコリと笑って立ち上がった

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ ブログ
「さて、ベンノ

早速だが、教えてもらいたい

血族でもない、こんな子供に仮登録をさせるというのはどういうことだ? 露店の主が店番をさせるために我が子を登録しておきたいと言い出すのとではわけが違うだろう?」 洗礼式を待たずに登録したいとベンノが言いだすということは、登録をするだけの価値がある商品をわたしとルッツが握っていると言ったのと同じことだ、とギルド長は笑みを浮かべたままで言った

あなたも好きかも:ひぐらし スロット 祭2 打ち方
 「……目的がはっきりしない限りは、登録を許可できんな

血族でもない子供の仮登録など、このエーレンフェストでは前例がない」 ギルド長が何を考えているのか全く読ませない笑顔で、わたしとルッツをじろじろと眺める

 笑顔と雰囲気で一見優しそうに見えたけれど、全く優しくない

質問にきっちり答えないと登録はしてやらん、と脅しているのだから

 言いたいように言っているギルド長の様子にわたしは不安になって、ベンノの様子を伺った

 しかし、ベンノは勝利を確信しているような黒い笑顔でギルド長を見つめて、ニヤリと笑っている

「この子達が持ち込んだ物が何か知りたい、と?」「まぁ、そうだ

物によっては、別の店で取り扱った方がいいかもしれん

君のところは少し手を広げすぎているからな」 金になりそうなら、横取りしたいってことですね

本音がちっとも隠れてませんよ?「この子達がウチで売りたいと言ったんだ

ウチで売るさ

なぁ、マイン? そうだろう、ルッツ?」 ベンノに「余計なことは言うな」と目で脅されて、わたしとルッツはコクコクと頷いた