平戸 パチンコ バイト

平戸 パチンコ バイト

「…………っ!!」 最終的に、視界全てが真っ赤な火炎に呑み込まれた

 また浮遊感だ

 僕の身体は《零度の衣(アブソリュート・ローブ)》が守っている

あなたも好きかも:パチンコ 台 値段 新台
だが、守られていない足場は斬られて溶けて、なくなった

 炎の海に呑み込まれるというのが、比喩でなく実際に起こる

 海の中を泳いでいる感覚などあるわけない

あなたも好きかも:パチスロ 超 gantz 天井
 ただ、幸いなことに、炎の勢いが少しずつ通り過ぎていくのを感じる

 ――これは、巨大すぎて全容を把握できない炎剣の一振りだ

 そう信じて、僕は《零度の衣(アブソリュート・ローブ)》を『忘却』する覚悟で、魔力を込めて、防御し続けた

 そして、炎の海に揉まれること、数十秒

 終わりは訪れる

 炎剣を振り抜かれ終えたとき、僕の身体は地面に打ち付けられた