ブログ村 スロット

ブログ村 スロット

こっちは記憶なくしてしんどい思いしてンのにさ」 愚痴を溢され、弥生はギロッと横目で睨んだ

「勝手に記憶をなくしたのはあなたでしょ

……こっちは記憶をなくされてしんどい思いをしているのに」 買い言葉に売り言葉か

 フン、と道の先に視線を戻してそっぽ向かれ、立花はムカッと眉を吊り上げて文句の一言でも告げようかと身構えた、が――「あら奉仕屋さん、……記憶はまだ戻っていないんですか?」 対面から声を掛けられて立花も弥生も緩やかに足を止めた

 無関心そうに顎を上げて向き合い立ち止まった三好は、二人を交互に窺って立花を見上げた

「大島さん、自主的に学園を去られたようですね

……まあ、その方がいいでしょうけど

反町君は元気でいます?」「……、誰だよおまえ」 話し掛けられても誰だかわからず

あなたも好きかも:半蔵門線 パチンコ
 怪訝に眉を寄せる立花に三好はムッと目蓋を震わせ、無表情でいる弥生に目を向けた

「まだ何も思い出せないんですか、彼は?」「……ええ、そのようです」「お気楽なものですね」「……ええ、私もそう思います」 肩をすくめる三好に続いて弥生も頷く

あなたも好きかも:スロット クライシス
 状況がわからない立花はムッと眉を吊り上げた

「ンだよおまえら

人のことを馬鹿にしやがって」「馬鹿にしたつもりはありませんが、心は嘘が吐けないようで、思っていたことが現れてしまったようですね

あなたも好きかも:織田信 スロット
申し訳ありません」 ツンと顎を上げて謝られ、立花は睨みながらも口の端を上げて三好の鼻先を指差した